むし歯治療・歯周病治療

むし歯治療

痛みを抑えて優しく治療

痛みを抑えて優しく治療

「むし歯治療=痛い」とお考えではありませんか?治療が怖くて、歯医者に通えない方もおられることでしょう。
緑地公園駅すぐの氏本歯科医院では、麻酔を使用するなどして、できる限り痛みを抑えた優しい治療を心がけています。「歯医者が苦手」という方も、安心してお越しください。

できる限り歯を削りません

治療で歯を削り、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)をした部分は、むし歯になりやすくなります。そうしたむし歯の再発(二次カリエス)を防ぐためにも、当院では、できる限り歯を削らないように心がけています。

むし歯とはどんな病気?

むし歯とは、むし歯菌が作る酸によって、歯が溶けてしまう病気です。むし歯菌は、歯の表面に付着している食べかすから酸を作りますので、しっかりと歯を磨くようにしましょう。

むし歯の進行

C1

C1

歯の表面(エナメル質)まで進行したむし歯です。自覚症状はほとんどありません。

C2

C2

エナメル質の内側にある、象牙質まで進行したむし歯です。冷たいものや、甘いものがしみるようになる場合があります。

C3

C3

歯の神経まで進行したむし歯です。熱いものがしみるようになるほか、何もしなくても痛みを感じるようになります。

C4

C4

末期のむし歯で、歯冠部分がほとんど破壊されて、歯根しか残っていない状態です。ここまで進行すると、抜歯を検討する必要があります。

根管治療

根管治療

むし歯が神経まで達した場合、従来であれば抜歯が必要でした。しかし、根管治療によって、歯が残せる場合があります。

根管治療とは、歯の神経が通る細い管(根管)の内側から、むし歯菌に汚染された神経を取り除き(抜髄)、きれいに清掃・消毒した後、薬剤を充填して再感染を防止する方法です。これにより、大切な天然歯の維持をはかります。

当院では、できる限り治療回数を少なくして、患者さんの負担や、再治療のリスクの少ない根管治療をご提供しています。重度のむし歯でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

歯周病治療

お早めにご相談ください

お早めにご相談ください

歯周病は、進行すると歯を失うことに繋がる病気です。歯茎の腫れや出血など、気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。
歯周病は予防が肝心です。ブラッシングなどのセルフケアをしっかりと行うとともに、当院でプロケアを受けて、歯周病から歯を守るようにしましょう。

歯周病のセルフチェック

このような症状がある方は、一度、当院へご相談ください。

  • ブラッシング時や、硬いものを食べた時、歯茎から血が出る
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 朝起きた時、口の中が粘つく
  • 歯茎から膿が出る
  • 食べ物が詰まりやすい
  • 冷たいものや、甘いものがしみる
  • 歯がグラグラ動く
  • 歯が長くなったような気がする
  • 口臭がする

歯周病の進行

歯肉炎

歯茎が赤く腫れて、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)ができます。自覚症状はほとんどありません。

軽度歯周炎

歯茎の炎症が大きくなり、歯槽骨(歯を支える骨)などの歯周組織が破壊され始めます。歯周ポケットも、3~4mm程度の深さになります。ブラッシング時に歯茎から血が出るなどの症状が現れます。

中度歯周炎

歯槽骨が、歯根の長さの半分程度まで破壊され、舌や指で歯に力を加えると、ぐらつくようになります。歯周ポケットも、4~7mm程度の深さになります。歯茎から膿が出て、口臭が発生することがあります。

重度歯周炎

歯槽骨の破壊が進み、歯のぐらつきが顕著になります。歯周ポケットの深さは8mm以上で、このまま放っておくと、歯が抜け落ちてしまう場合があります。

歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病の一番の原因は、ブラッシングで取り除けなかった歯垢(プラーク)です。そのため、適切なブラッシングを行うことで、歯周病が予防できるようになるだけでなく、初期の歯周病なら、症状を改善させることが可能です。

付着したばかりの歯垢は、ご自宅でのブラッシングで取り除くことができますが、時間が経過して歯石になってしまうと、歯ブラシでは除去できません。ですので、そうならないようにきちんとブラッシングするとともに、3ヶ月に1回程度のペースで定期メンテナンスを受けられることをおすすめします。

pageTop